宝くじと税金

  • 投稿日:
  • by

「スマホゲームのGUMIがついに上場!」というニュースに胸躍る管理人です(笑)

さて、最近の宝くじではかなり高額な現金が当選することも増えてきました。
ではそこで素朴な疑問として、宝くじに当選した場合、税金はかかるのでしょうか。

a1180_011767.jpg

結論から言うと宝くじに当選しても税金を納める必要はありません。
なぜなら個人が受け取る当選金は非課税となっているからです。
ですからどんなに高額な現金が当選しても、確定申告をする必要は全くないのです。
宝くじが非課税の理由は、あらかじめ購入の際に発売元の各自治体の収益となっているので、
購入した時点で税金を納めていることになるのです。

しかし当選したからと言って税金を払う必要はありませんが、
この当選金を誰かに譲ってしまうことによって贈与税がかかることがあります。
これは1人当たり年間110万円の場合は贈与はかかりませんので、注意が必要です。

その他にも宝くじを1人で購入するのではなく、何人かのグループで購入した場合でも
当選金を1人で受取、それを分配した際にも贈与税がかかってしまうのです。
このような場合は当選金を1人で受け取るのではなく、
グループの人数分1人1人にきちんと振り込まれるように、
かならず全員の名義で手続きをしなければならないのです。

このように宝くじと税金には色々な仕組みがありますので、以上の点に注意して購入するようにしましょう。

特にグループで購入して分配する場合には特に注意が必要です。

宝くじの当選確率を上げる方法!

  • 投稿日:
  • by

宝くじの当選確率を上げる方法、それはやはり、、、
「有名な宝くじ売り場で購入する」ということがひとつです。

やはり高額の当選金をあてている人が、続出しているということは、
きっとなにか魅力的な「運」を兼ね備えている部分があるはずです。
更には、良い夢を見た日に購入したりするのも何かの前兆でいいかもしれません。
宝くじ売り場の前を通った時に、
なにかビビっと感じた時に思い切って購入してみるのもいいですね。

a1380_001139.jpg

そのような運の積み重ねが当選確率を上げる方法の一つになっていくのだと思います。
宝くじの当選確率を上げる方法で最も大切だと思われるのは、
あきらめないという強い気持ちです。
やはり継続して購入するというエネルギーが当選確率を上げる方法へ近づくことができるのです。

もう今回限りで終わらせようだとか、
前回、思い切ってたくさんの宝くじを購入したのに、一度も当たらなかったからもう買うのはやめよう・・・。
そのようにマイナスなあきらめの気持ちをもってしまうことが一番残念なことです。
あきらめてしまったらその時点でもう可能性はゼロとなってしまうからです。

常に前向きな気持ちで絶対に自分は当選するという強い意志を持って購入を決める事が何よりも大切です。
当選に関して、自分自身で制限や限界を決めるのではなく、
ここで当てるという気持ちで、挑むことが大切です。
有名な宝くじ売り場で、出来る限り継続して購入する事。
それが宝くじの当選確率を上げる方法のひとつです。
あきらめないという気持ちを維持しましょう。

宝くじと株

  • 投稿日:
  • by

宝くじといえば、一攫千金を夢見て購入される方が多くいらっしゃいます。
一方で、「税金」と呼称されることはご存知ですか?
株式投資や数あるギャンブルの中でも、宝くじはそのリターンが非常に少ないことで有名です。

例えば、ジャンボ宝くじの1等が当たる可能性は、1000分の1です。
このくじは、1組から100組があり、
各組は100000番から199999番までの組み合わせで構成されています。
1等はこの中に1枚だけですので、それを引く確率は1000分の1になります。

宝くじの売り上げのうち、当選者への配当金は約5割程度で、
残りのほとんどは地方自治体に分配されます。
そのため、1枚300円の当選期待値は150円ほどで、資産の半分を失う計算です。
それが、税金と呼ばれる所以です。

一方、株式投資といえば、大損して借金を背負った等、
そのリスクばかりが強調される傾向にあります。

しかしながら、株式投資は比較的利回りの良い金融商品で、
宝くじよりも高いリターンを期待できます。
今ならケータリングサービス「ごちクル」を運営している
スターフェスティバルが上場!というのを耳にしますが、
ネットが普及した今、このような情報はたくさん入ってきますからね。

a0002_001041.jpg

株式投資で得られる配当金に限った場合、その利回りは東証平均で約2%です。
これに売却益を加えた場合には、もっと高利回りで運用される方も多くいらっしゃいます。
もちろん、株価の下落によって資産価値が減る可能性もありますが、
適切なリスク管理を行えば、宝くじのように資産の半分を失うことありません。
また、そのまま持ち続けることによって、資産価値は回復することも十分考えられます。

さて、あなたは宝くじと株式投資のどちらを選択されるでしょうか。

世界の宝くじ

  • 投稿日:
  • by

世界の宝くじは、日本よりも当選額が高額なものが多いですが、
当選最高額はスペインのクリスマス宝くじの950億円です!
これは、当選者が200人近くいたために一人当たりの当選額は5億円前後になります。
それでも相当な金額ですよね。

世界の宝くじのなかで、高額当選額が多いのが、アメリカの宝くじです。
アメリカのメジャーな宝くじにはパワーボールがあります。
1から59までの数字から5つ、
1から39までの数字がかいたパワーボールの中から1つ選択して抽選する数字選択式の宝くじです。
選択した6つの数字が全部当たれば、1等になります。
1等が当たる確率は、1億4600万分の1です。
power-ball.jpg

日本人がアメリカで宝くじを当てた場合は、
アメリカと日本の両方に税金を金額によっては払う必要があります。
アメリカでは600ドル以上の当選額であれば、約31%の税金を払わなければなりません。
日本では、一時所得扱いになりますので、税理士に相談して確定申告する必要があります。

個人の最高当選額では、アメリカのパワーボールで85歳の老婦人の585億円が有名です。
日本では、3億円あたる年末のジャンボ宝くじが有名ですが、
最高当選額はサッカーくじのビッグで10億円です。

世界の宝くじでは、パワーボール以外にアメリカのメガ・ミリオンズも有名です。
メガ・ミリオンズの最高当選額は、2010年の245億円が有名です。
ヨーロッパでは、ユーロミリオンズという2004年にフランスの宝くじ公社から販売された宝くじが知名度が高く、
ヨーロッパの9か国で販売されています。

宝くじとパチンコ

  • 投稿日:
  • by

昨今では宝くじを購入される方が非常に増えています。
ロト6やスクラッチなど宝くじにも様々な種類が登場し注目を集めています。

しかし一部の方は宝くじをギャンブルであると勘違いされており敬遠されています。
確かに宝くじは運に左右されるものです。
しかし一般的に「ギャンブル」と呼ばれているものとは根本的に違い、
福引きやおみくじに近いものであるとされています。

一般的なギャンブルではパチンコや競馬などがありますが、
特にパチンコはお店が故意に当たりを設定しているので公平性がありません。
宝くじは完全な運によって当たり外れが決まるので公平性があります。
また宝くじの収益はパチンコとは違い町の活性や復興などで使われますので、
寄付金に近い意味合いを持っているのです。

また宝くじには税金がかかりません。
当選金額がどれだけ高額であっても非課税なのです。
一般的なパチンコや競輪、競馬などは税金がかかりますので申告をされませんと
申告漏れや脱税とされてしまう危険性があります。

a0002_001480.jpg

気になるけど購入するのを諦めていたり購入したいけどギャンブルをしていると思われたくない、
そう思われていた方は気になさらずに是非購入されてみてはいかがでしょうか。

特に町を発展させたいと思われているエリアで購入されると寄付金という形で市の予算に加わります。
ですので自分の生まれ育った街など思い入れのある場所で購入される事をおすすめします。
またロト6などはインターネットからも購入する事が可能です。

宝くじの当たる確率って?

  • 投稿日:
  • by

takarakuji_1.jpgのサムネイル画像

みなさんは今までに一度でも宝くじを購入したことがありますか?

宝くじが当たる確率は非常に低いとはいえ、実際に当選確率がどの程度あるのかということは、
宝くじを買う際にはしっかりと把握しておきたいものです。

しかし、くじと言ってもたくさんあるわけですから色々なものがあるわけで、
種類によっても当選確率というのは変わってきます。

まず、多くの人が「くじ」と聞いて想像するものといえば、ジャンボ宝くじでしょうが
このくじの一等の当選確率というのは1000万分の1の確率になっています。
これは人に雷が落ちる確率と、同じ程度と言われているものです。

次に一般的なくじとして人気の高いものにロト6がありますが、
これの当選確率は組み合わせの数が609万6454通りあるため確率は
そのまま609万6454分の1ということになります。

そして、最後に手軽に楽しむことができるくじとして人気の高いスクラッチがありますが、
これは1等100万円が当たるもので12万5000分の1の確率になっています。


このように宝くじというのは非常に当たりにくいものではありますが、一つだけ言えることは、
どれだけ低い確率であったとしても買わなければ絶対に当たらないということです。

宝くじのように大金をゲットすることが出来る機会というのは、普通に生活をしていてそう多くないものだけに、
あえて低い確率であっても挑戦してみて大金をつかむ夢を見るのも悪くないのではないでしょうか。